ゲームシステム

・1マップビューシステム+(プラス)を搭載
前作の1マップビューシステムを発展させマップの拡大縮小機能を搭載しました。
3段階での表示切替が可能となり操作性を高めることに成功しました。
onemapview_plus

・軍師/家老システム
今作では家臣を軍師や家老として登用できるシステムが搭載されました。
家老は内政での効果を上昇させ、軍師は戦争での攻撃力を上昇させるなど決して軽視できない
システムとなっています。

・蜂起扇動システム
謀略コマンドを使うことで他国の兵糧や民衆支持などを減少させることができますが、
他国の武将を唆し謀反を企てるようにするシステム「蜂起扇動」システムを搭載しました。
蜂起扇動が成功した場合、他国の武将は空き城がある場合は占拠して独立します。
空き城がない場合は蜂起失敗となり浪人となり落ち延びるというシステムです。

・派閥システム
人が集まる場所にはいつの時代にも「派閥」がつきものです。
イベントにより派閥が自動で結成され、家臣がいくつかの派閥に分かれることがあります。

・豊富なセーブスロット
何度でも遊ぶことができるよう前作に引き続き今作も多くのセーブスロットを用意いたしました。
(セーブデータはスマホ本体に保存されてるため、スマホのある程度の空き容量が必要となります。)

・戦闘システムの刷新
部隊を自由に配置できるようになるなど戦闘が変わりました。
野戦、篭城戦共にルールが若干変更となっており前作を遊んで頂いた方でも緊張感を
持って臨む必要があります。

field_battle

・タブレット端末向けにも最適化
端末の解像度の差異による表示の違いをゲーム側が吸収しているため
タブレット端末でもスマートフォンと同じような感覚で遊んでいただくことが可能です。